セブンイレブンなどのコンビニエンスストアでアルバイトする場合、業務内容の多さやマニュアルの厚さを実感し、覚えることの多さに困惑する人もいます。

特に記憶力で覚えることに長けているシニア層などが、第二の人生の職場としてセブンイレブン等でアルバイトに従事しようとするとなかなか大変なようです。

では、コンビニエンスストアのアルバイト業務を短期間で覚えるコツですが、ズバリ「体系的に覚えること」です。

セブンイレブンなどの大手コンビニエンスストアは各店舗で同一品質の接客を維持するため、業務内容の簡略化に取り組んでいます。

つまり一つ一つの業務はいたってシンプルなのです。

ですからPOS体系の業務はこういう風に動く、クリンネスの季報動作はこうだというように、自分がスムーズに動けるようなイメージを描いて頭の中でまとめ上げていくと、短期間で即戦力になれます。

>>セブンイレブンの求人情報はこちら! (バイトル)

セブンイレブンのバイトのコツを得るには…

初めてのアルバイト先で仕事を覚えるまでにかかる期間は個人差が非常に大きいものです。

それは、セブンイレブンやファミリーマートなど業務内容がシンプルだといわれているコンビニエンスストアでのアルバイトでも当てはまります。

「セブンイレブンでアルバイトしてみたが、業務内容を覚えるコツがつかめない」、「数か月セブンイレブンでアルバイトを頑張っているけれどコツがわからなくて後からアルバイトとして入ってきた後輩に追い抜かれているような劣等感を感じる」など一人ひとりの悩みの尺度は違います。

分からなくなったら聞いたり、マニュアルを復習するなどもアリですが、物事がうまくいくコツというのは、ある日フッと気づかされることもありますし、先輩バイトの動きを見て自分なりにスムーズに仕事ができるコツが浮かび上がることもあります。

つまり、「習うより慣れろ」がコツをつかむ最善策だと言えます。

>>セブンイレブンのバイト求人をみてみる?