どんなバイトでも、始めてから数カ月たつと辞めたくなる時期がきます。

業務内容によっては、もっと早くに辞めたくなるかもしれません。

ダイコクドラッグのバイト業務は肉体労働が多く、ダイコクドラッグ独自の声だしのセールスがあります。

声だしのセールスがつらくて辞めたくなるバイトが多いことは確かです。

しかし、声だしはダイコクドラッグの店の雰囲気に慣れてくれば自然とできてくるものなのです。

研修時から、声量について注意を受けてきた人はまわりの人たちと比べてしまがちです。

しかし、そのまわりの先輩たちも声だしの壁を乗り越えてきた経験をもっているのです。

声出しや店の雰囲気が原因で辞めたくなった時は、せっかく採用されたダイコクドラッグをすぐに辞めてしまうのではなく、ぜひ壁を乗り越えた先輩に相談してみてください。

それでも、やむを得ずダイコクドラッグのバイトを辞めると決めたならば、「立つ鳥跡を濁さず」です。

退職希望日の1か月前には会社側に、辞めたい旨を伝えましょう。

そして後任への引き継ぎを終えてから退職となります。

いろいろな事情で、バイトを辞めることもやむを得ないことです。

その時に大切なことは、常識的な対応をして辞めていく職場に迷惑をかけないことです。

>>ダイコクドラッグの求人情報はこちら! (バイトル)

ダイコクドラッグのバイトでピアスはしてもよいのか。

ダイコクドラッグのバイトだけでなく、働くなればその店の雰囲気に合わせることが大切です。

ダイコクドラッグではバイトに限らず、社会人になると、身だしなみがとても重要になります。

なぜならば、社員のもしくは店員のみだしなみが店の品格に影響するからです。

ダイコクドラッグでは、バイトまでもみだしなみには気をつけなくてはなりません。

なぜならば、日用品をはじめ、医薬品や食料品までもダイコクドラッグでは扱っているからです。

それらの商品は、清潔感と安全が一番大切に考えなければならない商品です。

この観点から考えてみると、ダイコクドラッグで働くことにおいて、ピアスは見栄えだけでなく、危険なものになりかねません。

食品や医薬品に小さなピアスが混入してしまっては、大変な問題になりかねません。

そのため、ダイコクドラッグでは店舗によって違いはあるものの、ピアスはしないほうがよいかもしれません。

細かい規定は、店舗の店長が決めているため、店によっては、目立たないものや透明なピアスはよいとしている店もあります。

そこは、各人の常識に任される範囲ですが、店の品を落とすような派手なものや、落ちやすいピアスは避けたほうがいいでしょう。

ダイコクドラッグは、元気で活気ある店づくりを行っています。

お客様から見たら、社員もバイトも関係ありません。

店員を通して店が、そして会社がみられているのです。

身だしなみにも気をつけつつ、笑顔で元気な接客を行うことが、より魅力的な店員にみられ、店にもよい影響を与えるではないでしょうか。

>>ダイコクドラッグのバイト求人をみてみる?