ダイコクドラッグでは、日用品を始め医薬品や食料品も扱っています。

清潔感と安全が一番に求められる商品を扱っています。

店舗の雰囲気は店員の身だしなみが第一印象につながります。

そのため、商品と業務内容の関係から装飾用ネイルに関しては全店で禁止が原則となっています。

理由は、装飾用のネイルは爪に長さが出るため商品を傷つける可能性があるからです。

また、爪についた装飾物が商品に混入してしまったら大変なことです。

ダイコクドラッグの主なバイト業務は商品の品だしで商品を直接さわる機会が多いのです。

また、接客中にお客様に傷をつけては大変な問題になりかねません。

そして、長い爪は自身のけがの原因にもなりえます。

爪の長さに関しては、短めに切っておくように心がけましょう。

しかしながら、ダイコクドラッグでは、ネイルへの対応は店舗ごとに決められています。

一方で、爪の保護のためにネイルを許可している店舗もあります。

これは、商品の品だしの際に自身の爪が割れたり折れを防ぐ目的のネイルです。

その際は、透明色や目立たないネイルを基本とします。

いずれにしても、店舗の清潔感と商品の安全を守るためには短く切った爪であることが一番であります。

>>ダイコクドラッグの求人情報はこちら! (バイトル)

ダイコクドラッグのバイトの時給相場と給料日はいつ?

ダイコクドラッグの給料支払は職種・勤務地に関係なく15日締めの25日給料日です。

バイト時給は昼間と夜間で異なり、さらに職種によって異なってきます。

一番、時給が高いバイトは薬剤師資格をもつ人です。

薬剤師資格保有者は時給2000円以上となり、昼間の短時間でも効率よく稼ぐことができます。

ダイコクドラッグのバイト時給は、一般的な販売バイトと比較しても高めに設定されています。

全国のほとんどの地域で、昼間販売員バイトは1000円以上の時給であり、高校生でも900円以上と設定されています。

夜間の業務はさらに時給がアップされています。

ダイコクドラッグでは、販売員バイトのほかにも事務員の仕事もあります。

事務員は時給1300円から2000円となっており、バイトの時給としては高額になっています。

ダイコクドラッグは少ない時間で、たくさん稼ぎたい方にはうってつけのバイト先であります。

子育てと仕事を両立しなければならない主婦の方には、肉体労働ではない、事務員のバイトはとくにおすすめの仕事です。

詳細は、店舗ごとに異なるため事前に交通費を含むか否かなどの詳細は確認してください。

また、九州や沖縄は時給設定が異なることがあるため注意が必要です。

>>ダイコクドラッグのバイト求人をみてみる?