ダイコクドラッグのバイトの感想でよく言われていることは、時給についてと仕事内容についてです。

仕事内容は、ダイコクドラッグの特徴である「声だし」の厳しさについてよく言われています。

確かに、最初に越えなければならない壁が声だしといってもいいでしょう。

声がでるようになるまで、逐一注意を受けることになります。

あとは、重い段ボールを運んでの商品陳列なども業務なため、想像以上に重労働と口コミもあります。

しかし、ダイコクドラッグのバイトの業務のほとんどが体力勝負ではありますが、覚えやすい作業が多いため取り掛かりやすいバイトともいわれています。

また、単に体力勝負なだけでなく、それに見合った時給であることも魅力的です。

現に、口コミでは時給がよいことが一番にあげられているほどです。

具体的な金額をいうと、平日の昼間でも時給1000円以上となっていて、世間的にみても高めの水準です。

そのため、体力と時間のある学生や、短時間で収入を得たい主婦には人気のあるバイトといわれています。

バイトを続けていくと、どうしてもマンネリ化してくるかもしれません。

しかし、ダイコクドラッグではバイトでも商品の展開や発注業務、POP書きなどの特殊技能を必要とする仕事もできる機会が与えられます。

体力的、精神的に、一般のバイトと比べてらきついという口コミもあります。

けれど、時給が高く、個人の努力を認めてくれステップアップできるバイトがダイコクドラッグにはあるという口コミがあることも確かなのです。

>>ダイコクドラッグの求人情報はこちら! (バイトル)

ダイコクドラッグのバイトは体力的に大変なのか。精神的に大変なのか。

ダイコクドラッグのバイトは、ある意味体力勝負です。

そして、人前で大きな声で商品をアピールする度胸も必要です。

まず、ダイコクドラッグの特徴でもある、商品のリニューアルの頻度の高さが、体を使う仕事量の多さと直結します。

毎日入れ替わる商品をバイトが陳列します。

重量がある商品が多いため、どうしても体力的に大変なバイトです。

常に立ち仕事であり、活気ある店舗であるため、店外の人々に聞こえるように、またセール情報などは、歩いている人もふと足を止めてしまうような積極的な商品アピールを求められます。

他店でも行っているような「いらっしゃいませ」などの呼びかけはもちろん、ダイコクドラッグ独特の客が、ひきつけられるような限定特別価格商品のアピールはさらに大きな声を求められます。

内向的な人には、体力面だけでなく、精神的にも最初は大変なバイトです。

しかし、体力は運動と同じようにやればやるほど体も慣れてきます。重い商品の陳列も品だしもコツがわかってきます。

同様に、ダイコクドラッグのバイトの関門ともいうべき声だし、商品アピールは最初は確かにつらいという人が多いです。

しかし、ダイコクドラッグという店の雰囲気に慣れてくると、同時に自分も自然とダイコクドラッグのバイトの一員となり、苦痛なく声も出せるようになります。

>>ダイコクドラッグのバイト求人をみてみる?