最近は染髪している方が多いと思いますが、ゲオのバイトは茶髪程度であれば問題ないことが多いようです。

しかし、店舗によりどの程度の髪色までが許容範囲かは異なるようですので、気になる方は自分がバイトをしたい店舗に下見へ行くと良いでしょう。

下見へ行った時に、自分の髪色が明るすぎると感じた場合は、できれば面接前にバイトをするのにふさわしい色に染め直すことをお勧めします。

特に金髪は、接客業をするのに適した色とは言えません。

面接の時に落とされるというリスクを減らすためにも、接客にふさわしいかという点を考慮する必要があるでしょう。

ゲオのバイトは頭髪の色に関するルールだけではなく、髪型のルールもそれほど厳しくないようです。

パーマの髪型についても、接客業にふさわしい髪型であれば特に注意を受けるということはないようです。

長髪の女性は多いですが、ゲオでバイトをする際には髪の毛を結ぶよう指導されることが多いようです。

しかし、こちらのルールについてもお店により異なっているようですので、気になる方は面接の時に確認することをお勧めします。

ゲオは直営店とFC店がありますが、FC店は特にルールが異なることが多い傾向があるようです。

>>ゲオの求人情報はこちら! (バイトル)

ゲオのバイトの口コミにはどのようなものがあるの?

ゲオは昇格制度がしっかりしているという口コミを見ることが多いです。

どのような制度かというと、バイト採用後は研修から始まるわけですが、その後は実力に応じてCスタッフに昇格していくようです。

C、B、Aスタッフと経て、シフトリーダーになるようです。

ゲオのバイトの時間帯責任者であるシフトリーダーは、責任のあるポジションではありますが、遣り甲斐のある仕事でもあります。

更に上を目指したいという方はゲオでは正社員になる道もあるという口コミもあります。

接客業にはかならずつきもののクレーム処理ですが、ゲオのバイトの口コミにもお客様への対応に頭を悩ませることがあるというものを時々見かけます。

口コミを見ると、多くの場合ゲームなどの買取の場面でクレームに遭遇するようです。

お客様は、出来るだけ高く買い取ってほしいという気持ちがあるため、想像していた値段より安い値段を提示されると不満を持つことがあります。

買取は比較的難しい仕事として分類されているため、この仕事を教えてもらうのは、ある程度の仕事が出来るようになってからのようです。

間違えると始末書を書かなければいけないという口コミもありますので、わからないことは必ず尋ねることが大切です。

>>ゲオのバイト求人をみてみる?