ゲオのバイト面接の時に着用するのにふさわしい服装ですが、バイトの面接ですのでスーツを着用する必要はありません。

最近は、ジーンズを着用してバイト面接に臨む方が多いように思いますが、ジーンズだからと言って落とされるということもありません。

しかし、やはりジーンズはカジュアルすぎる印象を与えてしまいますので、チノパンがあるようであればそちらを着用した方が良いでしょう。

同様に、Tシャツもカジュアルすぎると思われてしまいがちですので、ポロシャツなどの襟のある洋服を着用した方が良いでしょう。

ゲオのバイトは接客業ですので、お客様に不快な印象を与えないようにすることが大切です。

面接官も受け答えだけではなく、身だしなみもしっかりチェックしています。

第一印象はとても大切ですので、清潔感のある服装を心がけましょう。

ゲオの面接内容は、希望勤務曜日や時間は必ず聞かれる質問のようです。

また、ゲオの忙しい時期と言われる土日や祝日、お盆シーズンや年末年始にシフトに入ることが出来るかということも聞かれることが多いようです。

志望動機も聞かれることが多い質問ですので、聞かれた時に慌てることのないよう、きちんと考えてから面接に臨みましょう。

>>ゲオの求人情報はこちら! (バイトル)

ゲオのバイトって研修期間は決まっているの?

ゲオのバイトに採用されると、まず最初は研修生としてスタートします。

初日にはオリエンテーションが行われ、ハンドブックを用いながら会社の理念やゲオのバイトの仕事内容などを座学にて学びます。

店舗に出て仕事を始めてからでもわからないことを聞くことはできますが、忙しい時間帯などはなかなか時間を割いてもらいにくいということもあります。

質問がある時は後回しにせず、聞きたいと思うことがあるのであれば、この時に聞くようにしましょう。

椅子に座ってゆっくり話をするという機会は早々ないと思いますので、特に手続き関連のことは、この時にクリアにしておいた方が良いでしょう。

研修期間に関しては、店舗により異なるため一概に何か月ということは言えませんが、平均して2~3か月の店舗が多いようです。

ゲオのマニュルの中に、仕事内容の半分が出来るようになれば昇格できるという記載があるようですので、頑張り次第では早く研修生から卒業できるようです。

ゲオのバイト研修期間中は、研修生の名札を付けてバイトを行います。

一度聞いただけでは忘れてしまうと思うので、作業中は筆記用具を常に持ち歩き、教えてもらったことはすぐにメモを取れるようにしておくと良いでしょう。

>>ゲオのバイト求人をみてみる?