スタバのバイトの大変な所は、覚える事の多さです。

まず採用後の新人研修ですが、スタバではバイトにも80時間位の研修期間を与えています。

聞いただけでも大変そうですが、いきなり実践に入る店舗が多い中、こういった取り組みは必要ではないでしょうか。

まず、スタバの歴史、コーヒーの知識、接客の仕方などを短期間で覚えます。

もちろん全てクリアする必要はありませんが、コーヒーの知識や接客マナーについては基本的な事は覚えましょう。

肝心なことはお客様に失礼がないおもてなしという事ですから、細かい部分は経験でカバーし、基本的なことを優先して覚えましょう。

スタバのバイトでは、覚える作業が大変という事よりも、短期間に覚えることが大変そうです。

店舗に立つ際、ショッピングモールの近くのスタバは混雑します。

その際には、とても忙しい時間帯もあり、体力的にも精神的にもきつい、スタバのバイトは大変です。

その分お客様の笑顔を見れた時には嬉しいです。

スタバではメニューに載っていない注文の仕方をする、常連のお客様もいますので、わからない事はベテランのバイトの方に聞くに限ります。

そして、常に笑顔を心がけて下さい。

笑顔はどの職場でも必要なスキルですから、バイトとして覚えておくことは後々役に立ちます。

スタバのバイトでは、予期せぬトラブル、クレームに見舞われる事があります、自分で解決できない際には周りに助けを求めましょう。

スタバのバイトは大変ですが、そうしたことを毎日コツコツ続けていくことで、着実に自分自身が成長して行く事に気づくでしょう。

時給も4ヶ月ごとにあがるチャンスがありますので、多少大変でもくじけず前向きに頑張りましょう。

>>スタバの求人情報はこちら! (バイトル)

お得満載!どこでも利用できるスタバのバイトの社割

スタバのバイトをする際に、これ目当てで働くという人も多い、スタバの社割。

スタバでは社割が、バイトでも使用できるんです。

主な名称をパートナー割引と言います。

スタバでは一般的な社割の事を、パートナー割引と呼んでいます。

これには、すべての従業員をすべてパートナーと呼ぶ、スタバの風習に由来があります。

スタバのバイトは皆、社員証を持っています。

こちらを提示することで、全国どこの店舗でも商品を15%引きで購入する事ができます。

すべての商品を社割で購入できる、羨ましいスタバのバイトです。

帰省先や、旅行先でも使用可能なので、スタバの違う店舗の雰囲気、サービスを楽しみたい方にも向いています。

更にクリスマス、バレンタインなどのイベント時、開始から1週間以内は食べ物は30%引きで購入できます。

このスタバの社割はスタバファンには、かなり嬉しいのではないでしょうか。

スタバのファンは全国に多いので、スタバでバイトをしたら、社割を利用して日頃お世話になっている方へ、プチプレゼントをしてもいいのではないでしょうか。

>>スタバのバイト求人をみてみる?