スタバのバイトでは、意外ですが毎週同じ曜日、時間に出勤しなくてもいいんです。

勤務時間は1週間ごとのシフトで決められている為、融通が利きやすいです。

欠点としては、毎週同じ曜日、時間でない為、シフトを間違えて出勤してしまう、出勤するならいい方で、気づかず無断欠勤してしまわないように気をつけましょう。

スタバのバイトでは、3週間前に希望のシフトを出し、2週間前までに決定することになっています。

勤務は週3日以上、短時間勤務は4~5時間、長時間勤務は8時間位の希望で出します。

あらかじめ言っておかなければならないサークル活動や、テストなどは面接の際にきちんと話しましょう。

ただし余りに希望が強い場合は、不採用になる可能性が高いです。

しかし、嘘はいけませんのでバランスをとる事が大事です。

学校のテストの際は、あらかじめ言っておけば休めるので、学業と両立する事ができます。

しかし、その後は忙しい時は率先してバイトに入るなど、お互いにコミュニケーションを取る事が大事です。

スタバのバイトは、オープン前のオープン作業、クローズ前のクローズ作業があり、それぞれ早朝、深夜帯になります。

中々バイトの確保が難しい為、これらのシフトに入れる方は、採用の可能性が高いでしょう。

更に時給は通常よりも、25%アップしますので、ラッシュが苦手な方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

女性の方でしたら、深夜よりは爽やかな早朝のシフトバイトをおすすめします。

時間外のスタバのバイトで効率よく収入をアップして、1日を有効に使いましょう!

>>スタバの求人情報はこちら! (バイトル)

スタバのバイトは時給は高いの?

スタバのバイトの時給は、飲食業の平均時給です。

主な金額は、勤める場所によっても変わってきますが、都内は900~1200円、地方なら750~1000円位と都心に近づくほど高くなる傾向です。

気になる給料日ですが、スタバのバイトの給料日は20日で、銀行振り込みです。

20日が土日祝日の場合は、前日、前々日に振り込まれます。

多くの企業と変わりません。

そして給料明細の確認はWeb上です。

これなら紙を落としてしまう心配もありませんし、渡し忘れも無く、どこでもバイトの明細が確認できて便利です。

その他、スタバのバイトでは、バイトでも年に3回ほど昇給の機会があります。

これは他のバイトに比べて多いのではないでしょうか。

多くのバイトは、昇給の機会がほとんど無いのが現状ですので、スタバのバイトは昇給の機会に恵まれているという事が言えます。

その為、スタバでバイトをしているスタッフのモチベーションも高くなります。

その分定期的にテストなどをクリアする等、課題は多くありますが、昇給のチャンスがないバイトの方が多いので、努力しだいで昇給できるスタバのバイトの人気が高いのも頷けます。

昇給に関しては人事考課に認められると、10円~30円程度時給があがる事になります。

微々たる物ですが侮ること無かれ、1日8時間働く人ならば1日80円~240円、22日勤務の人で1760円~5280円月収があがる計算になります。

そして、4ヶ月ごとにこのシステムで時給をあげる事も可能です。

ぜひスタバのバイトで自分を成長させ、時給もアップして下さい!

>>スタバのバイト求人をみてみる?