高校生がスタバでバイトできるかどうかは、店舗により条件が違います。

基本的にスタバのバイトは、大学生からとホームページに記載されています。

なので基本的には高校生のスタバでのバイトは採用していません…。

そこでがっかりされたあなた、まだがっかりするには早いです!

何と店舗によっては、大学、専門学校など進路が決まっている高校生を受け入れている所もあるみたいです。

この判断は店舗の店長の判断なので、進路が決まっていても必ず採用されるという訳ではありません。

やはりスタバのバイトは一般的にも人気が高いです。

なので、受験や、就職活動、上京などの理由で辞めてしまう可能性の高い、高校生の採用は積極的には行っていません。

しかし熱意があれば通じない訳ではありません。

どうしてもスタバのバイトを高校生でやりたい場合は、地道に探すか、つてを探すのも良いかもしれません。

又、無理に入って休みがちになる事は周囲に大変迷惑になりますから、大学生になってから新たにバイト先として考える事も手です。

やはりスタバのバイトとして採用されてからも、定期的に試験などがありますから、高校生として入る場合は覚悟が必要です。

>>スタバの求人情報はこちら! (バイトル)

スタバのバイト面接に落ちた理由で多いのは?

スタバのバイトで落ちた理由として多いのが、「個人の希望が多すぎる」です。

やはりどこのバイトでも使いやすい人、使いにくい人というのがあります。

その際に重視されるのが、柔軟性です。

スタバのバイトの面接の際に、本人の希望のシフトを聞かれる事もあるみたいですが、その際に自分の希望を前面に出しては採用されません。

余程の能力の高い人ならば、自分の希望通りの時給、シフトを出せますが、バイト自体が初めての場合、雇う側も冒険です。

ならばシフトの融通のきく、条件の少ない人を採用とします。

その上で、笑顔、明るいコミュニケーション能力、素直さであったりが重視されてきます。

スタバのバイトは接客業ですので、やはり暗い雰囲気の方は求めていません。

幾ら「コーヒーには自信があります。」と言った所で、暗い雰囲気や、清潔感のない方からはコーヒーを購入する気にはなりません。

場違いに明るいのは逆に困りますが、適度な明るさは必要です。

もし、明るさに自信が無ければ服装を、白や、薄いピンク、薄いオレンジなど明るい色にしてみて下さい。

「もしかしたら緊張で今日は声が出ていないのかな?」など考慮してくれるかもしれません。

又スタバのバイトは室内の面接ですから、必要以上に暗いグレー、黒などは日頃から暗い雰囲気の方には向きません。

スーツなどの場合、シャツは明るくするなどの配慮が必要です。

それでも落ちてしまう場合は、写真の移りや履歴書の字が汚いなど複数の課題があるかもしれません。

恥を忍んで第三者に意見を求める事も必要です。

その際意見を求めるのは、10個以上年が離れているなど、余り利害関係が無い人に相談しましょう。

同年代ですと、スタバのバイトに落ちた事を、面白おかしく愚痴で終わらせてしまう事が多く、根本的な解決になりませんので相談相手には注意しましょう。

>>スタバのバイト求人をみてみる?