人気の高いゴディバのバイトは「絶対決めたい!」と意気込んでいる人も多いでしょう。

ゴディバのバイトの面接は、扱う商品や客層から、厳しいと言われています。

また応募者のレベルも非常に高いです。

この厳しい面接を突破するためには、服装などの身だしなみがきちんとしているか、ゴディバ商品の簡単な知識を持っているかが重要になってきます。

まず、服装ですが、清潔感のあるきちんとしたもので望む人が多いので、できればスーツやスーツに準じるものとシンプルなパンプスを選びましょう。

「靴の汚れは心の汚れ」とも言われますから、きちんと事前に磨いて汚れをキレイにとっておきましょう。

そして髪型も、清潔感が感じられるように、長い人はまとめておきましょう。

間違っても、露出が多い派手な服装で面接に行かないようにしてくださいね。

服装がクリアできたら、次はゴディバでの面接内容の対策です。

ゴディバのバイト面接の面接内容は、一般的なバイトの面接内容とさほど変わりません。

志望動機や希望勤務日、希望時間帯、いつから勤務できるかなどです。

それにプラスして、ゴディバの商品に関しての簡単な質問がありますから、ここでしっかり答えられるように勉強しておきましょう。

これらは長期バイトの面接内容ですが、繁忙期だけの短期バイトの場合は、もう少し面接内容が違います。

短期バイトは、繁忙期に勤務して欲しい期間にシフトに入れるかどうかが、1番重要視されます。

ですが、短期バイトであっても、服装などの身だしなみはきっちりしていかなければ、繁忙期間中にすべてシフトに入れたとしても、採用の見込みは薄いでしょう。

もちろん、服装や靴などがふさわしいものであったとしても、商品知識を勉強したとしても、面接に遅刻しては意味がありませんから、当日は余裕を持って行動しましょうね。

>>ゴディバの求人情報はこちら! (バイトル)

ゴディバのバイトはやっぱり高時給?給料や給料日が知りたい!

ゴディバは高級チョコレートを扱っているので、バイトの時給も結構高いのでは?と思われがちですが、残念ながら高時給ではありません。

ゴディバのバイトの給料に関しては、長期バイトか短期バイトかで給料日が違ってくるようです。

長期バイトの場合、バイトの採用が決まったら、まず2ヶ月間みっちり研修が行われますが、研修期間中の時給は本時給よりも20円低い設定になっています。

時給は店舗によって(都会か地方か、売上が良いかどうか等)多少の違いはありますが、850円~950円ですから、いたって普通の時給と言えるのではないでしょうか。

ゴディバのバイトの給料日は、毎月月末締めの翌月15日、銀行振込となっていますから、バイトが決まったら自分名義の銀行口座を作っておきましょう。

短期バイトの場合は、勤務時期などによって、給料日も違ってくるようです。

面接で給料に関することを質問するのは恥ずかしいことだと考えている人もいて、質問できずに後で困るということもあるようですが、雇用条件を確認するのは決して恥ずかしいことではありませんから、面接時に給料日はきちんと確認をしておきましょう。

>>ゴディバのバイト求人をみてみる?