セブンイレブンのアルバイトの勤務時間はシフト制となっており、半月先の勤務可能な日時を申告しオーナーなどの現場責任者が半月先の勤務シフトを作成するようになっています。

これは、セブンイレブンのアルバイトの多くが高校生や大学生といった「学生」が占めており、定期テストや実習などの学業の予定がある場合を避けて勤務してもらえる配慮しているからです。

しかし、急病や突然の不幸といった偶発的なアクシデントも発生する可能性は無きにしもあらずです。そのような時は速やかに勤務先のセブンイレブンに電話し欠勤をわびることが必要です。

やむを得ない事情があって欠勤となるのは仕方がないことですが、シフト制を採用している以上、勤務時間に予定していた人がバイトに来ないということはお店側にとっても損害となることを頭の片隅においていてください。

>>セブンイレブンの求人情報はこちら! (バイトル)

セブンイレブンのバイトの給料日はいつ?

セブンイレブンで働いているアルバイトの給料日は「15日締め日の25日払い」が基本となっています。これは全国各地にあるセブンイレブン共通の給料日です。

例えば、10月14日にアルバイトとして働き始めたとすると、翌日の10月15日が給料締め日となります。したがって10月25日のお給料日には14日に働いたアルバイト1日分のお給料が支給されるというわけです。

セブンイレブンのお給料は原則としてバイト側指定の銀行口座に振り込むことになっています。ただし、上記のように締め日までの日数が少ないときは当月分のお給料を現金手渡しの支給とし、翌月から銀行口座に振り込むといった形となるようです。

なお、セブンイレブンでは給料日前の支給である「前借り」は採用していないので、お給料を遣いすぎカツカツならぬよう計画的に使用しましょう。

>>セブンイレブンのバイト求人をみてみる?